投資信託ガイド@ブン|手数料比較Top >  ランキングガイド手数料比較 >  大和 投資信託ブンで儲ける

スポンサードリンク

大和 投資信託ブンで儲ける

大和 投資信託ブンで儲けるなら、投資信託は、小額(1万円ほど)の投資から始められ、お金を投資信託に預けるだけなので、投資の知識の無い方でも投資を簡単にはじめられます。さらに、個人投資家では投資できないような金融商品にも投資(不動産・REITや外国株・外国債券など)なども可能です。投資信託は株式、債券、外貨、不動産など様々な金融商品が投資対象です。例えば不動産投資です。REIT(不動産投資信託)を利用すれば小額で不動産収入を得ることができます。REITはかなり人気のある金融商品です。そのほか、インド・中国株の投資信託も人気があります。これらは、個人では投資できないようなものです。投資信託の最大のリスク管理は、長期でコツコツ継続的に国内・国外へと分散投資をしていくことです。ドル・コスト平均法に分散投資を組み合わせていますが、これなら投資信託を利用すれば誰にでもできますし、リスクも分散されます。リターンは低くなります(年利率7〜8%ぐらい)が、リスク(損失する確率)は限りなく減らすことが可能です。投資目的を明確にすることです。投資目的とはつまり、自分は何のために投資を始めるのかということです。住宅資金のためであったり、子供の教育資金のため、結婚資金のため、老後の資金のため、旅行費のためなど、さまざまな目的が想像できます。ぜひとも投資信託を購入する前に、自分が投資信託を購入する目的について考えてみてください。


RSS関連リンク
近況報告
ブログと関係ないことですが、 8月半ばから思い立って株と投資信託で資産運用を始めました。ニュースで話題になっているサブプライムローンのこげつきで株安になったときです。インドや中国の株式に投資する投資信託。日経平均株価やTOPIXに連動するインデックスファンドやETF。さらに外国

実態がつかめない規模
ないようだけど、明日以降どうなるだろうか。投資の基本には、「リスク分散」というのがあって、例えば、投資信託なんかは、株や不動産、国債というものに分散投資して、それをファンドマネージャーが運用する。分散投資のメリットは、リスクも分散できるというものである。

関連エントリー

投資信託ガイド@ブン|手数料比較Top >  ランキングガイド手数料比較 >  大和 投資信託ブンで儲ける

Edit

Google