投資信託ガイド@ブン|手数料比較Top >  大和ブンさん(ぶん)比較 >  大和 投資信託 ぶん手数料比較

スポンサードリンク

大和 投資信託 ぶん手数料比較

大和 投資信託 ぶん手数料比較。投資信託は、一般投資家から集めたお金(資金)をまとめ、そのお金を株式や国債、公社債等の有望な投資先をファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロにゆだね、金融市場で運用してもらうことです。その運用の結果、生じた利益を分配金として、投資家に還元する金融商品です。銀行と投資信託には大きな違いがあります。それは利回りの違いです。銀行預金利回りは、0.2%ぐらいです。投資信託利回りは、平均で5%ぐらいは可能です。多少リスクをとってでも投資信託を購入する方が有利です。10年間ぐらいの長期で運用すれば利益も年利回り5%以上で安定してきます。投資信託は、元本割れのリスクがあります。金融市場で資産運用するため、当然リスクはあります。元本を割っている投資信託を目にすることもあります。リスクがつきものです。ファンドマネージャーが優秀かどうかを見分ける材料は過去の実績と今後の投資方針ぐらいです。投資目的を明確にすることです。投資目的とはつまり、自分は何のために投資を始めるのかということです。住宅資金のためであったり、子供の教育資金のため、結婚資金のため、老後の資金のため、旅行費のためなど、さまざまな目的が想像できます。ぜひとも投資信託を購入する前に、自分が投資信託を購入する目的について考えてみてください。


RSS関連リンク
資産運用と投資信託入門
に投資しようとしても なかなか資金的制約を受けてしまいます。本当はもっと資産を分散しておきたかったにも かかわらずそれが資金上の制約からできないと いうわけです。こうした情報上の制約や、資金的な制約の 解決策として生まれてきたのが投資信託です。投資信託

スポーツクラブ
も買わないといけないなあ?会社の帰りだとタオルくらいしか持っていけないので、平日はサウナ、土日にトレーニングかな?昨日はまた投資信託と定期預金をしました。円高株安なので買いかなと思いました。残りのお金は住宅ローンの繰上げ返済を。ローンもあと一息

関連エントリー

投資信託ガイド@ブン|手数料比較Top >  大和ブンさん(ぶん)比較 >  大和 投資信託 ぶん手数料比較

Edit

Google