投資信託ガイド@ブン|手数料比較Top >  大和ブンさん(ぶん)比較 >  大和 証券 投資信託 ブンがおすすめ

スポンサードリンク

大和 証券 投資信託 ブンがおすすめ

大和 証券 投資信託ですが、 ブンさん(ぶん)がおすすめ。投資信託は、仕事が忙しく投資に時間をかけることができない方や投資の知識が全くわからない方、また投資にお金を回す余裕があまり無い方に向いています。お金に余裕のない人は、投資信託えあれば毎月1万円から積み立て運用ができます。投資家は資金を提供するだけで運用はファンドマネージャーが行ないます。これが投資信託です。投資信託は、長期で運用が可能です。毎月一定額、例えば一万円だけコツコツ積み立てていく投資法ならば、簡単にこともなく投資ができます。毎月コツコツ積み立てることによって、ドル・コスト平均法という投資効果が得られます。ドル・コスト平均法はほぼ確実に利益を得ることができます。投資信託のリターンは銀行預金よりも大幅に大きいのですが、もちろんリスク(損失の機会)もあります。景気が悪くなった場合は株式市場が軟調になり、投資信託の運用成績も悪くなります。そうなると元本割れです。しかし、その元本割れのあとに大幅な上昇が待っているのが株式市場です。投資信託を利用するうえでの極意は、長期で運用するのがベストです。投資信託で長期運用した場合、複利の力を最大限に利用することができるからです。複利の力というのは時間をかければかけるほど着実に、そして大幅に資産を増やしていくことができます。投資信託の「ブンさん」とは大和投資信託が設定・運用する「りそな・世界資産分散ファンド」のことです。通常、投資信託にはファンドの内容を表す愛称やファンドマネージャーの思いやイメージが込められた愛称が付けられることが多いのですが、この「りそな・世界資産分散ファンド」の愛称は「ブンさん」と呼ばれ、「分散」投資とかけてあります。さて、気になる「ブンさん」の投資対象ですが、投資信託「ブンさん」では世界の債券と株式とリートに分散投資しています。投資エリアは北米、ヨーロッパ、アジア・オセアニアなど、投資通貨はドル、ユーロ、ポンド、カナダドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、アジア各国通貨など、バランスよく「分散」投資されているのが特徴です。この投資信託「ブンさん」は非常に人気が高く、モーニングスターの2006年のファンドオブザイヤーの最優秀賞(国内ハイブリッド型・海外ハイブリッド型部門)を受賞しています。基準価格の値上がりだけではなく、毎月おこづかい感覚で継続して分配金が支払われていることも「ブンさん」の人気を支えているようです。また、「ブンさん」シリーズとして、大江戸ブンさん、埼玉ブンさん、多摩ブンさん、はまのブンさん、りそちゅーブンさん、京・近江ブンさん、上方ブンさん、ひょうご元気ブンさんといったご当地ファンドシリーズが設定されており、本家「ブンさん」の海外株式の代わりにそれぞれの地域を代表する日本企業の株式を組み入れた内容となっています。


RSS関連リンク
ずばり!おススメの投資信託は?
新生銀行の投資信託で100万円預けて80万に価値が下がってしまいました(グスン) 投資信託の本を読んだりしていますが社会生活から離れて 育児ばかりしていたせいかイマイチ理解力が不足しているようです(T_T) 新聞とテレビ、ネットぐらいが 情報源です。 ...

投資信託の積み立て購入について
投資信託を勉強しているものです。 社会人一年目であり貯金もたいしてないので、給料から毎月数万円を投資信託に回そうと考えています。 利回りを見ると、毎月分配型のREITファンドや高配当株式ファンドなどがいいと思いました。過熱気味であり値下がりの ...

関連エントリー

投資信託ガイド@ブン|手数料比較Top >  大和ブンさん(ぶん)比較 >  大和 証券 投資信託 ブンがおすすめ

Edit

Google