投資信託ガイド@ブン|手数料比較Top >  大和ブンさん(ぶん)比較 >  大和 投資信託 ブンで儲ける

スポンサードリンク

大和 投資信託 ブンで儲ける

大和 投資信託 ブンで儲ける。投資信託は、投資のプロであるファンドマネージャーに金融市場にて、投資先を選択して複数運用していき、利益を投資家に分配していくものです。投資家は、個々の投資先について検討せずに、お金を投資信託に預けることにより、資金の運用をすべて投資信託のファンドマネージャーに委託する金融商品です。投資信託と銀行預金の大きな違いは、元本保証の有無です。銀行の預金には元本保証がありますが、投資信託には元本保証がありません。投資信託は、運用が失敗すると元本を割り込むこともあります。運用が上手くいけば元本を大きく上回り、大きな利益が得られます。元本を割り込むリスクがあるぶん銀行預金よりも利益は大きくなります。投資信託の手数料のひとつとして信託報酬があります。投資信託は、お金を預けて資産運用を代行してもらうという形をとりますから、投資信託を運営しているファンドマネージャーたちに運用報酬を払う必要があります。その運用報酬が信託報酬にあたります。投資信託を利用するうえでの極意は、長期で運用するのがベストです。投資信託で長期運用した場合、複利の力を最大限に利用することができるからです。複利の力というのは時間をかければかけるほど着実に、そして大幅に資産を増やしていくことができます。投資信託の「ブンさん」とは大和投資信託が設定・運用する「りそな・世界資産分散ファンド」のことです。通常、投資信託にはファンドの内容を表す愛称やファンドマネージャーの思いやイメージが込められた愛称が付けられることが多いのですが、この「りそな・世界資産分散ファンド」の愛称は「ブンさん」と呼ばれ、「分散」投資とかけてあります。さて、この投資信託の「ブンさん」はどのような投資信託なのでしょう。投資信託「ブンさん」は文字どおり資産を海外のソブリン債、海外の不動産投資信託(REIT)、海外の好配当株式におよそ三分の一ずつ分散投資し、安定した債権利子、不動産賃料、株式配当を確保しつつ、保有不動産や株式の値上がりも狙う投資信託です。この投資信託「ブンさん」は非常に人気が高く、モーニングスターの2006年のファンドオブザイヤーの最優秀賞(国内ハイブリッド型・海外ハイブリッド型部門)を受賞しています。基準価格の値上がりだけではなく、毎月おこづかい感覚で継続して分配金が支払われていることも「ブンさん」の人気を支えているようです。また、「ブンさん」シリーズとして、大江戸ブンさん、埼玉ブンさん、多摩ブンさん、はまのブンさん、りそちゅーブンさん、京・近江ブンさん、上方ブンさん、ひょうご元気ブンさんといったご当地ファンドシリーズが設定されており、本家「ブンさん」の海外株式の代わりにそれぞれの地域を代表する日本企業の株式を組み入れた内容となっています。


RSS関連リンク
投資信託の賢い選び方
ここでは、投資信託の種類について説明しますので、あなたの目的に合ったものを選ぶようにしましょう。もうおわかりの通り、資金の10倍?20倍の取引が可能ということは、儲けも損失も10?20倍になるということですね。 ...

貯蓄から投資を飛び越えて投機へ
投資信託以外では為替証拠金取引も同じだろう。 とにかく値動きの鈍い日本株よりも値動きの良いものが投資の対象. になっているようである。 これでは貯蓄から投資ではなくて、投資を飛び越えて投機になって. しまっているのでないだろうか。 ...

関連エントリー

投資信託ガイド@ブン|手数料比較Top >  大和ブンさん(ぶん)比較 >  大和 投資信託 ブンで儲ける

Edit

Google